« ホロスコープみてもらいました | トップページ | 名前のことだま鑑定に付いて »

2013年2月17日 (日)

ことだま師になったのは

 私は子供の頃から、自分の名前が嫌いでした。
いつから嫌いになったのかは、覚えていないですけど。

とにかく呼ばれて欲しくなかった。
そのせいか、子供の頃から友達からは名字から来る
あだなで呼ばれていました。
私を名前で呼ぶのは、両親や親戚くらいでした。

小学生の時、4年頃でしたか、国語の授業で自分の名前の
由来を聞いてくる宿題がありました。

うちの母親が言うには
「最初は、みゆきと付けようと思っていたのだけど
退院するときに、病室の名札に眞弓という名前を見つけて
これにしようって、決めた」

と言われた。

宿題の発表を聞いていると、みんなの親たちは真剣に考えて付けていた。

よい子に育って欲しい
幸せになって欲しい
長男だから、おじいさんから一文字もらった
ご両親の一文字をもらった。

私はなんて安易に付けられてしまったのだろう。
私は親たちに取ってなんなんだろう。

今思えば、その頃から、親に対して垣根を作っていたのかも知れない。

大人になった頃は、名前も親も嫌いになっていました。

私の名前嫌いは周知の沙汰。

そして、有るとき友達が名前のことだまの勉強をしてきて
あなたの名前はいい名前なんだよ。

相手を認めてOKを出す人なんだよ。
真善美を伝えるんだよ
人を癒すことも、浄化する事も出来るんだよ。

と教えてくれました。

人にOKを出す。って。

私は昔から人に、些細な事でもOKを求められた事が多々ありました。
なぜ私に聞くのだろう。と思うことまで。

そうか、それは名前から来ていた事なんだ。と思うと

名前のことだまがとても面白い物に感じて、やって見たい。
講座を受ける。と決めました。

そして、半年以上もたって、やっと
命名言霊学協会の山下弘司先生」に会うことが出来ました。

まずは、初級の講座を受けたのですが、どんどんと私の中に
入って行くんです。
日本人の魂なのかな。

日本人の生き方、感じ方
私が今までやって来た事が、ここにはありました。

そして、やっぱりこれは私がやるべき事だ。と中級講座を受けて
ことだま師になる試験を受け、有料の鑑定が出来る様に
なったのですが、もっと沢山の人に知って欲しいと
講師の資格も取りました。

まだ、入門とことだま教室しか担当は出来ませんが、
なんとか頑張っています。

このブログのプロフィールに、日本人の気質はどこへ
行ってしまったのでしょうか。と書いていますが、
まさに、その事がここに有りました。

そして、私の使命を名前のことだまから紐解く事が出来ました。

今は、眞弓さん と呼ばれても拒否反応は出なくなりました。

そして、名前を受け取ると、世界も考えも広がります。

自分では大いに変わったつもりですが、何年ぶりに出会った友は
変わってないねぇ。と言います。

外見と中身
人からは見えないところですよね。

でも、自分では変わっている。と実感しています。

それが、この「食べる、生きる、つなぐ 手良小屋」に
なっているのだと思っています

名前が嫌いだった私の様に、さまよっている人に
伝えたい。と思っています。

そして、私の様に、最初はこの名前じゃなかった。
と言う人が多いことにも気付きました。

父親が届けを出すときに気が変わった。
字を間違えた。
子を付けるのを忘れた。

直前になって、変わる意味は何だろう。と思っていたら
教えてくれた人がいました

それは、あなたがその名前にしたのよ

そんな事が出来るわけない。と思ったのですが
生まれたばかりの時は、まだ前世が残っている。
この世で生きて行くにはそれが邪魔になると、忘れる。と
聞いたこともあります。

本当の名前、この世で自分の使命を果たすための名前
それが、間違って付けられそうになった時は
自らが親に指令する。

そうだったのか。
私はこの名前で、この世の中を生きて行く使命を
持って、この世に来たのか。

と、気付いた時に妙に自分が愛おしくなりました。
今まで自分の名前が嫌いでごめんね。と言う感じです。

自分の名前には、自分の意志は入っていない。
親がくれた最初のプレゼント

ですが、親もその時に何かの指令を受けて付けているのです。
その時に必要な名前の付けているのです。

名前って、単に印や区別ではないのですね。

そして、名前のことだまは、生活でもあるし、日本人の生き方を
知る機会でもあります。

「ま」のつく人は、興味津々なんです
いろんな事を知らないと、OKを出せないからだと言います。

そして、広く浅く、熱しやすく醒めやすいのも、それなのか。

HPのタイトルが「achaの興味津々」と言うのも意味が
有ったのですね。

私のことだま講座は、私自身の生き様でもあります。
皆さんにお話する事で、私も成長して行きます。

初級講座が出来る資格を取るまで頑張ります。

楽しいお話が出来る講座を目指します。

と、こんな思いで、ことだま師になったのでした。

|

« ホロスコープみてもらいました | トップページ | 名前のことだま鑑定に付いて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21276/56881885

この記事へのトラックバック一覧です: ことだま師になったのは:

« ホロスコープみてもらいました | トップページ | 名前のことだま鑑定に付いて »