« 「おつかれ様です」の使い方 | トップページ | 【お詫び】メルマガ登録を削除してしまいました。再登録をしていただけるとうれしいです。 »

2016年5月27日 (金)

大人の遠足 東国三社巡り 鹿島神宮編

 こんにちは、横浜の手良小屋(てらこや)です。

久しぶりに、大人の遠足を開催しました。
今回は、鹿島神宮に行きたい。
って事で始まりました。

古事記の勉強会でお話を聞いてからは、どうしても行きたい。
行くのは大変だと思っていたら路線バスがあると言う事を聞いて。
ならば行こう。
どう考えても、鹿島だけ、香取は無理かなぁ。と思いながらも、手良小屋メンバーとことだま教室の生徒さんを中心に声をかけて行きました。

最初は、5.6人で、東京駅から路線バスに乗って行こう。と思っていたのですが、あれよあれよという間に、15人ほどが集まっていただき。
これだけの人間を一度に路線バスに乗せるってどうなのよ。と不安が…

小野先生に、鹿島神宮に行きます。とお伝えすると、いろいろと教えてくださり、鹿島神宮の権祢宜さんにも、ご連絡をしていただき、正式参拝、祈祷、境内散策。と手はずを取っていただきました。

こんな事は滅多に体験出来ない、と言うことで、またまた人数が増えて行き。

ならば、バスを借りた方がいいんじゃないの?と言うことで、貸し切りバスの見積を取ったり、伝をたどったり。

バスで行くなら、息栖、香取と巡れる。と言われて、
行けないと思っていた香取神宮にも行けるんだぁ。やったぁ。

予算を組んだり、集金したり

計画は楽しいけど、生徒さんに紹介してもらった、旅びゅーとさんに行程を作ってもらったので、とても楽になりました。

減ったり増えたりで、最終的には25名でお参りの旅出発

しかし、不思議なことで、行きたいけど仕事だから、諦めていた方が、予期もせず仕事が変更になったり、絶対に行きたかった方が、子どもや親のことで直前に行けなくなったり。

これも、何かのお導きって感じですね。

横浜天理ビル7時10分集合
なんて、早い時間なのに、遅刻する方もなく無事に出発。
東京や埼玉からも参加していただいていたのです。

昨夜の雨がまるで浄化の雨のように、いい天気です。

Iimg_8755

道路もスイスイで、鹿島神宮へ

鳥居をくぐった瞬間から、空気が違う。
何人もの方が、口に出すほど違う。

Iimg_8725

立派です

Iimg_8724

お参りのレクチャーは出発前から、いろいろしましたが
自分たちでもしっかりと調べてくるように

団体旅行じゃなくて、個人の旅行の団体よ
なんて、変な定義を付けました。

Iimg_8726

参道をまっすぐ行くと、本殿を見失います。

なぜか、本殿は右にあるのです。
ここは神武天皇の頃からあると言われている神社

日本で一番尊い神社と聞いて、興味深くなったのです。

学生の団体さんやはっぴ姿の団体さん
何かを始める、決心したときに参るのかいいとか。

武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)が祭られています。
紀元前660年
あまりに古くて、何も証拠たるものがないそうです。

私達は、この本殿に上がって、祈祷と正式参拝をしました。
正式参拝は他でも経験はありますが…

正座でした。
そして、中に入ると、これまたなんとも言えない空気

祈祷して、頭の上を祓われて、なんとも言えぬパワーをいただいたような。

私が正式参拝の玉串を奉納したのですが、滅多にしたことがない
いや、初めての経験
その上、座っての二拝二拍手は緊張します。
玉串のやり方はあれでよかったのか。

一同に行った二拝二拍手は気持ちよく揃ってよかったです。

Iimg_8727

化粧直しが終わって間がないそうで、綺麗ですね。
ここで、写真を撮った他の方には、オーブが写っていたそうです。
この本殿の裏側の空気は、また違ったものでした。

本殿は朱塗りではなく、漆塗りの黒なんです。
それも不思議でした。

Iimg_8729

Iimg_8730

樹齢1000年以上だそうです。

この根元は畳み6畳はあるとか。
丁度、本堂の真裏にあるのですね。

Iimg_8737


さざれ石がこちらにも有ったのですね。

「き・み」の意味を感じます。

Iimg_8743

龍のようなこの木はどうやって生えているのか。

Iimg_8746

みたらし池と言う事で、みたらし団子
知らないってこういうことよね。
この団子が大きい
お昼前でなければ食べたのだけど
残念です。

Iimg_8740

重厚なる「奥宮」
さすがの歴史ですね。

Iimg_8747

そして、ナマズに乗ってた、たけみかづちのおおかみ

その先には「要石」
出ている部分は,小さいけど底知れない石で、香取神宮に繋がっているとか
なぜか写真がない。

Iimg_8752

記念撮影
バスに乗っているときは、そんなに多くは感じなかったけど、こうやって並ぶと多い。

Iimg_8758

お昼
鈴章さんでナマズ定食
直会(ないらい)と言いまして、神社参拝の後は、その地のものをいただく。
それで、お参りが完了って感じになります。

ここは、ナマズ料理がその地の物らしい。

たけみかづちのおおかみが乗ってますしね。

フライ、酢の物、お刺身とナマズ
こういう食感なのね。
お肉と言われたら、そうかも知れない。って思うフライだったり。

日本ではあまり食べないけど、アメリカでは食べる。なんて
そう言えば、今回のツアー参加者には、帰国子女、駐在など、海外生活経験者がいるのよね。
不思議なご縁だわ。

I20160522_122654_2

I20160522_123010

そして、鹿島神宮でいただいたお酒をここでいただきます。

「霰降」これが、久保田の百寿を思わせる美味しさ。
一升瓶でいただいたのです。
ここで、半分ほどいただきました。
良い直会になりました。

あっという間の3時間でした。

そして、息栖神社に向かいます。

つづく

息栖神社編


手良小屋スケジュールがメインのメルマを発行しています。
よろしければ登録してください。
http://mail.os7.biz/b/88RE<

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
手良小屋(てらこや)
http://acha506.tea-nifty.com/terakoya/
てらこの魔法の筆文字教室
http://terakoya-yokohama.com/tsutefude/
てらこの名前のことだま®
http://acha506.tea-nifty.com/kotodama/
横浜市南区宿町2-40大和ビル209
横浜市営地下鉄 蒔田駅下車 徒歩4分
近所にはコインパーキングあり
手良小屋(てらこや)への地図
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

« 「おつかれ様です」の使い方 | トップページ | 【お詫び】メルマガ登録を削除してしまいました。再登録をしていただけるとうれしいです。 »

★生きる 出会いはご縁」カテゴリの記事

イベント報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21276/63681377

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の遠足 東国三社巡り 鹿島神宮編:

« 「おつかれ様です」の使い方 | トップページ | 【お詫び】メルマガ登録を削除してしまいました。再登録をしていただけるとうれしいです。 »