★生きる 食とからだの話

食べた物が身体を作っています

2015年11月30日 (月)

スーパー給食 いずみ野小学校

こんにちは、横浜の手良小屋(てらこや)です。

11月11日は泉区のいずみ野小学校でスーパー給食のお手伝いをしてきました。
「濱の料理人」として、参加させていただき4回目になります。

この小学校の地域性と言うか、本当に小学校の事を考えて活動されている方が多いのにビックリします。

そういう地盤があるから、このスーパー給食も出来るんですね。

Ip1020205


2回目から、出前授業も同日に開催するようになりました。
5年生に「出汁」の事を、保土ケ谷の「浜懐石つねとら」の大将がしてくれました。
今年は、4年生に、ミクニのシェフの瀬戸さんとお話してくれました。
私は同じ時間に3年生にお菓子の話しをしていました。

P1020213


ひき方は勿論の事、吸い口のゆずをどうするのか
お椀、箸の持ち方などのお話をしてもらい
「美味しい」「お正月」みたい。なんて感想が口から漏れていました。

Ip1020212


去年から私が「食」の話しをさせていただいてます。
4年生にどんな事を話したらいいのか?

食べた物から身体が出来ている

それが、私の考えのひとつ
そこからですね。

命のリレー
そこだ

そして、それを子ども達にどう落とし込むのか。
去年は、ブログを書く余裕がなく、アップもせずにいました。

子ども達が自分の食べている物に意識を持って行く
大人任せではだめ
と、言う事で

「お菓子について考えてみよう」
と言うタイトルでお話させていただきました。

自分の食べているお菓子のから袋を見ながら、袋の裏には何が書いてあるのだろうか。
と知ってもらい。

どんなモノは避けたらいいか
飲み物にはどのくらいのお砂糖が入っているのか

食品添加物にも意識を持ってもらう
買うときは何を避けたらいいか

子どもに理解できそうな感じでは話しをしたつもりだけど
今日に全てを覚えてもらうのではなく

スーパー給食の出前授業でそんな話しを聞いたなぁ
この事がそうか。
と、ちょっと大人になった時に思い出して欲しいのです。

お菓子を買うときは、裏を見る。

って事でした。

去年は初めての事で、いろいろ考えてしまいましたが、今年は少しだけ気が楽でしたが、3年生にどうやって話すのか。でちょっと不安が…

Ip1020210

 

机も、ノートも不要です
今日の頭に残った事だけ、覚えてくれれば

自由に自分で感じた事を話しもらえれば

自分の食べているモノに意識が向けば

Ip1020219

3年生でも真剣に聞いてくれました。

I20151107_133920

多くの方に言われたのが、このボードです。
手書きのこの文字が子ども達が受け取ったのではと

パソコンで作ったパワポならば、ここまで真剣には聞かなかったかぁ。

うふふ、手書きにして良かったわ。

普段は大人相手にしている話を子どもにどこまでするか。
どんな感じならいいのか。

でも、子どもだってちゃんと知った方がいいことは沢山ある。と確信しました。

このお話をする前の、どんなお菓子を買っているか、食べているか
どうやって買っているか、いつ食べているか。

などのアンケートをいただいています。

私が子どもの頃とは、お菓子を買う環境も変わっています。

そして、朝ご飯は何を食べた?

今年は朝ご飯に炭水化物を食べない子の比率が多かったです。
大人の事情は子どもには当てはまらないことを、大人は知らないとダメですよね。
常に朝ご飯を食べない子もいるんですね。

食品添加物の話しは難しかったかも
難しいだけで終わるのはなく、食べてしまったらどうするか。
そこも大事だと思うのです。

今は柔らかい物が多くて、各回数が少なくてすみます。
だから、数回噛んで飲み込んでしまうのですね。

ご飯を50回噛める子はどのくらいいるだろうか。

と言うわけで、噛む、つばパワーの事もお話しました。

楽しく終わったあとは給食です

I20151111_123500

スーパー給食の時は配膳も大変ですね
こんな感じに張り出されていました。

I20151111_131443

I20151111_131449

各教室に、PTAの方、農家さん、地域振興会の方やらが児童の中で食べるのです。
自分のお父さんやおじいさんと一緒に食べた子もいました。

こんな給食は他の学校ではないんだよ。
と、去年の担任が児童に言った事が印象的でした。

I20151111_132441

その日にこんな事を書いていただき

I20151130_121322

先日はこんな冊子も送ってきてくれました。

I20151130_121405

全児童の感想です。
読んでいて、嬉しかったけど、改めて、私が話した事が子ども達に伝わっている
子どもの吸収力を考えると、大人達の言動って重要なんだなぁ。
と、強く思ったのです。

去年は数枚の感想が送られてきて、それはそれで良かったのですが、やはり話しが難しかったのかぁ。と、ちょっと落胆してました。

でも、今年再び小学校の給食室の前に張ってあるコレを見たとき

Ip1020207

話して、良かった。
ちゃんと、どこかに残っていてくれた、と思いました。

Ip1020225

みんなが元気に健やかに大きくなって欲しい。
それだけです。

本当は、もっと違った角度からの話し方もあるし、説明不足のところもある
50分で、どこまで話せるのか。

これは、これで良かったんだ。と自己満足です。

今回も私の食の「師」である、山田博士先生のお話を参考にさせていただきました。
いつの気軽に相談に乗っていただき、本当に感謝です。

いつかは子どもと食の事を話してみたい。と思っていた事が叶っています
それも、周りの方が私の事を薦めていただけた事の始まりです。
人とのご縁は本当にご縁だと思うこの頃です。

長くなってしまった
最後までありがとうございます

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
手良小屋(てらこや)
横浜市南区宿町2-40大和ビル209
横浜市営地下鉄 蒔田駅下車 徒歩4分
近所にはコインパーキングあり
手良小屋(てらこや)への地図
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ ポッチとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

食の話で気付いた事

 こんにちは、横浜の手良小屋(てらこや)です。

残暑はどこへ行ったのでしょう。
また、来週から暑いとは言うけど。

今年の夏は去年より過ごしやすかった。と言う方もいます。
わたしは、断然今年の方が辛かった。とは思っていたのですが、こんなにあっさりと涼しくなると、今年の方がいいのかなぁ。

そういえば、今年は、夜のセミがうるさくなかった。

横浜に来てから、セミって夜も鳴くんだ。と思っていた。
夜になっても気温が下がらないから、鳴く、のだと思っていました。

それが、今年は気にならない。
鳴いてない。

そう言えば、昼間のセミも少ないかも。

セミは7年後に地上に出て来るんでしたね。
今年は、少ないと言う事になるのか。

確かに、妙にセミがうるさい年もある。

この前、ツクツクボウシが鳴いていたけど、仲間っているのだろうか、と思ってしまった。
お相手がいなければ、この子は子孫が残せない。

たまに鳴く「鶯」
春を告げる鳥となっているけど、最近は梅雨が来ても、夏になっても鳴く
なんでだろう。と思っていたら、鳴くのは、メスへのアピールだと言います。
要するに、相手が見つからないので、いつまでも鳴いている。

相手が見つからない
沢山いる中から見つからないのではなく、もしかして、このあたりには他には鶯がいないのかもしれない、と思うのです。

セミも7年地下に潜っていて、やっと地上に出ようとしたら、アスファルトの下、と言う事もあるんですよね。

人間が壊している
地球に住む人間以外の生命だってあるんだ。

公園の様に長い間、土の所はいいけど
セミはどこにタマゴを産むのだろう。と蒔田公園を通る度に思う。

7年前より、確実に自然は壊されている。
いや、人間が壊している。

なんだか、前置きが長くなりましたが、
実は先日、命をつなぐ と言うタイトルで、食の話を聞いて来ました。

内容的には、私がやって来たこと、勉強してきた事なのですが、私はこの10年種をまいていなかった、事を気付かせてもらいました。

食べた物が身体を作る
命を頂いて、命を育む

地球人として生きよう
地球をいじめるのは止めよう

2003年にブログを始めた時は、これでした。

食べることが身体を作っていることをみんなに知って欲しかった。
食品添加物についても。
地球人 同じ家族として生きられないのか

類は友を呼ぶ
友は類を呼ぶと言うか。
私の廻りには、食について、考えている人が多くいるので、すっかりボーッとしてしました。

そして、去年からは、もう一度考え直そうと、我が師「山田博士先生」とコンタクトを取っていたのに、時間に追われて忘れていた。

10年以上もたつと、ブログ、mixi、facebookと、発信する媒体が沢山になって、ある意味いろんな情報を拾うことが出来る様になったので、なにも私がいまさら。
と思ってしまったのかも。

食べる事と、言葉が人を作って行く。

もう一度考え直そう

私の発信している、メルマガでも書こうとは思っています。
”私の体質改善”が終わったら、次は食のこと と思っていたはずです。
まさか、この連載が5年以上も書くとは、自分でも思っていなかった。

昨日は、私の中に埋もれてしまった何かを呼び起こしてもらいました。

そして、
伝説のスピーチ 12歳の少女 セヴァン.スズキ
の7分間のスピーチを最後に聞きました。

you tube版

直し方を知らないなら、壊さないでください。
1992年の話です。

丁度、私が、合成洗剤や食べ物に危険性に気付いた年です。
この少女は22年間活動をしています。

私は何をして来たのだろう。
このacha's Roomを開いた時は、食とからだについて、何かを知らせたかったのに

私の何かの方向性が違った。
それを切実に考えさせられました。

自分だけが知っていれば良いなんて思ってはいないのだが。

なにをどうすればいいのか。

ずーっと、種は蒔いたら、自分で刈り取る。と思ってきました。
ある意味自作自演

でも、種をまくだけでもいいのかも

見つけた誰かが、水をやって、肥料をやってくれればいい。

そんな考えもあっても良いのかも。と思うようになって。

この5年は、何をやって過ごして来たのか。
ボーッとして過ごした訳ではないけど。

もう少し真剣に考えよう。と思ったのです。

なにやら、長くなってしまった

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
手良小屋(てらこや)
横浜市南区宿町2-40大和ビル209
横浜市営地下鉄 蒔田駅下車 徒歩4分
ビル近くにコインパーキングあり
手良小屋(てらこや)への地図

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ ポッチとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

春は毒だしの季節

横浜の手良小屋(てらこや)です。

今日も元気にランチタイムを迎えていますか?
服装が軽くなって来ると、身体の脂肪が気になってます。
冬の間は、この寒さを耐えるための物だ!と思っていたのですがね。
余り成長すると、来る服が…

冬に蓄えていたものは、春になると出て行きます。
毒だしですね。
身体は毒だしモードへと突入してます。

そして、春は肝臓の季節です。
余りためていると、毒も出にくいし、肝臓もオーバーワークになりますよ。

解毒をしてくれるのは、肝臓ですよね。
肝臓が元気だから、毒だしも上手くいくのです。

早春の食べ物に、その毒だし作用があるのです。
アクが強かったり、苦みがあったりもすますが、それが毒を出す効果が有ると言うこと。
そして、その苦みが肝臓の働きをよくする。
なんと素晴らしい事。

これからは、春野菜、春の山菜を意識して食べましょうね。
お彼岸を過ぎると、アサリも美味しくなってくる。
これも、肝臓にいいのですね。
もちろん、シジミも

菜の花、セリ、アスパラガス、たけのこ、蕗の薹
春キャベツも美味しいですね。

ざくざくに切ったキャベツにオリーブオイルと塩
なんとも美味しいです。
早く出て来ないかなぁ、春キャベツ。

と言うわけで、季節の野菜
旬の野菜って、ちゃんと利にかなっているのです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
手良小屋(てらこや)
横浜市南区宿町2-40大和ビル209
横浜市営地下鉄 蒔田駅下車 徒歩4分
ビル前にコインパーキングあり
手良小屋(てらこや)への地図

ごめんなさい、ただいま活動休止中です
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ ポッチとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)