« 鉄道博物館 | トップページ | エコミュゼ・ダルザスへ »

2006.03.07

鉄道博物館2

 鉄道の展示の他に、ジオラマが有って、私はこっちに魅入ってしまった。

レールの上をプラモデルの電車が走るのは普通。その周りが何とも凝っていて、笑いました。

人間の動きが細かい。山を登っている人、畑を耕す人、牧場の人、火事現場の消防車。

そして、これは、多分、水着の女性に目を取られて、車ごと川に落ちた。こんなユーモアが沢山。

05-0061

遊園地も細かかった。

05-0060

お昼になったので、中のレストランで何かを食べよう。と行ったけど、高くて、実のある物が無かったので、またもやサンドイッチをチョイス。

飲み物付きで5.5ユーロなのだが、軽食の場合はテラスで。って感じで外に案内された。

炎天下のテーブルに、サンドイッチは運ばれて来た。6月とは思えぬ強い陽射し。そして、気温も高い。サンドイッチが、ホットサンドになってしまいそう。

英語は通じないので、私がジェスチャーで、暑い、日陰が欲しい。見たいな事を言ったら、パラソルを差してくれた。安堵、安堵。

コーヒーには必ず、砂糖が二つ付くんだね。



05-0062

|

« 鉄道博物館 | トップページ | エコミュゼ・ダルザスへ »

コメント

ジオラマの雰囲気わかってもらえたかしら。
あわてて、車を引き上げている様子が何ともおかしくて。
日本にも、鉄道のジオラマや、模型の何かは有るけど、こんな風にユーモアを入れるのはみたことが無いわ。
 大きさも凄く大きいし、でも、細かく面白くて魅入ってしまったのでした。

投稿: acha | 2006.03.08 17:03

う~ん、このサンドイッチもおいしそー^^
テラスで食べるって言うのもステキ~
たぶんテラスの雰囲気や日差しなんかも
日本とは違うんだろうなぁ。ステキ~♪
ジオラマ面白いですねっ!
これまた日本では考えられないユーモア!

投稿: yokopri | 2006.03.08 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館2:

« 鉄道博物館 | トップページ | エコミュゼ・ダルザスへ »