2005.01.10

わからない、かるた

 かるたクィーンの座を中学生が取った。凄いことだと思う。見ているとあの迫力。私など百人一首を覚えようと遙か昔にかるたを買ったが、結局は3首くらいしか覚える事は出来ず、最終的には坊主めくりの道具となってしまった。

あれを全部覚えるのは大変。何でもやりっ放しの私は般若心経を覚えたい。と突然思い、毎晩寝る前に反復練習をしたことがある。
しかし、半分ぐらいのところから全然進まない。覚えられないのだ。20年以上も前のことだが、そこまでは今でもそらんじられる。いつかは完成したい。

それにしても、かるたのルールがよくわからない。かるたもスポーツなんだろうか。よくわからないのはサッカーのオフサイトもわからない。ラグビーも細かいところはわからない。でも、サッカーもラグビーも点が入ったことはわかる。しかし、かるたはなんで終わったのかわからない。って、知る機会が無かったんだなぁ。調べればわかることだろうが、そこまでは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.07

1月5日 スーパーサイズミー観賞

今日は寒いと言うが、天気はいい。同居人は今日から仕事。
私は伊勢佐木町に近所に住む友だち二人と子供一人でスーパーサイズミーを見に行く。今日はレディースデー。1000円なり。

映画が終わったら、お茶しながら、映画の話し。やっぱりこれだよね。一人で映画を見に行くのもよいけど、こうやって映画の感想を話しながら飲むお茶は美味しい。

ファーストフードがどれだけ身体に影響が有るか。もっと沢山の若者と母親に見て欲しい。やっぱり家で作るご飯がどれだけ良いか。

お茶の後は、子供がいない二人でおちゃけ。そんなに体調が悪い訳では無かったが、ここのところお肉料理などを食べていなかったのに、焼き鳥、手羽先などを食べたせいか、きのこサラダがすべて揚げて有った油からどうも、鼻についた。
そんなに飲んでいないのに、むかむかしてきた。鰯の丸干しもだめだったか。お腹が一杯。それでも焼きおにぎりを最後に食べる。食い意地の張った私である。
もしかして、あの映画の影響?

帰って来てから、余りの苦しさに少しもどしてみる。すると今度は胃と腸が痛くなる。腰湯に入ってから寝る体制。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.29

大掃除したいけど

寒い。外は4度。昨日の天気予報では雪だと言っていた。
室内は17度。それでもストーブは付けたいとは思わない。
今日はベランダと窓ガラスをやろうと思っていた。けど…
窓ふきは晴れの日より、曇りや雨の方がきれいになると言うが、ちょっと寒いなぁ。
でも、今日やらないとこの見通しの悪いガラスで年を越すことになるのは嫌だなぁ。
なんか、今年は新年を迎える体制を自分なりにしたいと思っているンだぁ。
さて、そうするか。

はなまるマーケットに巨人の工藤投手がカフェに出ています。
先ほど、紹介された「冊子」あれ、私持ってます。って、だから何なの。
書きたかっただけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.20

ドラマの最終回にもの申す

 最近の流行なのか、ドラマの最終回が10分ほど長い。初回がスペシャルで2時間とか30分多いとか。そんなこともある。

 私の場合はDVDを買ってからは、ドラマはほとんど録画でみている。毎週録画でセット。
1回目を見て、これは見よう。と思ったら毎週録画にする。だから初回は長くても大丈夫。しかし、最終回が延長の場合は参るなぁ。

 朝は新聞を見る時間は無いので、電車の中で読む場合が多いのだが、そこで延長を見つけたときは本当にショック。最終回の最後の最後の10分が見られないほど気持ち悪い物はない。

って、延長に気づかない私が鈍いのか。責任転嫁か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.17

なぜかTBS

 テレビを見ていると6チャン、TBSを見ていることが多い。
ウォッチから始まって、家にいるときは6チャン。週末もブロードキャスターを楽しみにしているが、日々TBSを見ていると重なる話題が多くなってくる。
 
 10時のニュースはニュースステーションが終わってからはテレビ朝日は見ていない。11時からのニュース23だけになった。ニュース23と言えば、久保田智子アナ。はなまるマーケットにいたときは、いつも眠そうで、なんかいまいち覇気が無いなぁ、大丈夫かな。と思っていたのだが、ニュース23に移動してからはまるで別人の様に輝いている。顔つきも違うし話し方も違う。朝に弱かったのかな。と一人納得している私。
 報道のTBSってそういえば最近聞かないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.18

映画4本

 昨日と今日で2本立ての映画を見た。2本立てで平日だと女性は1000円なんです。やっぱり連ちゃんは疲れた。
 期限が切れたレンタルビデオの年会費を払って借りるより安いかな。年会費を払ってもそんなに借りないし。

 平和映画祭。昨日はボウリング・フォー・コロンバインとイン・ディス・ワールド
 今日はアフガン霊年と美し夏キリシマ。何の前知識も持たずに見てしまった。

 今の日本は表面は平和。生きるって事が何であるか忘れている。食べるものもたくさんあるし、自由に町を歩くことも出来るし、旅のもいける。この手の映画を見るといつも思う。

 自由に町を歩けるけど、たまにどこかが狂った人がナイフを振り回したり、するけど。だけど、戦争の渦中にある訳じゃない。まだ、基本的には平和。

 ボウリング・フォー・コロンバインの監督は華氏911のマイケルムーア氏だった。ドキュメンタリーで監督がインタビューしながら進んでいく。
 高校生が学校の中で銃を乱反射し、自らも命を絶った。5年程前に起きた事件。何で起きたのか、どうしてそうなったのか。の真相を求めて行く。

 情報過多か、家族の破壊か、人を殺すテレビゲームか。でも日本だってイギリスだってもっと破壊されていると言う。銃が自由に持てる、すぐに銃を使える事が原因じゃないか。と。

 しかし、銃だけでなく5年後には日本でも学校の中で同級生を刃物で殺した。何が原因なんだろうか。日本も安心して過ごすことが難しくなる。自分の身を守るために銃を持たせろ。って事にならなければいいが。いや、してはならないのだ。

 美しい夏キリシマは、1945年8月の宮崎。終戦当時の映画は何本も見て感動をずいぶん受けた。白い手の長い道とか、映画のワンシーンってけっこう頭に残る。

 今回は、主役の少年の足の長さがどうも気になった。長すぎる。あんなに長い足の少年はいなかっただろう。座って膝にあごを乗せないで欲しい。他の出演者もなんか現代的でせりふと体型が合わないと思ったのは私だけだろうか。

 どんどんと、戦争の映画を演じられる人がいなくなるのか。

 今、田宮二郎の白い巨塔が再放送でやっている。昭和53年だと言うが当時の俳優達は存在感がある。味がある。この前の、唐沢版は何か軽くて薄っぺらいものと思っていたが、元祖を見たらますますそう思う。残念な事に、ほとんどの人が亡くなっているのが悲しい。

 映画にしてもテレビにしても、たった一度しか見ていないのに、覚えているシーンとか、せりふがある。妙に心に残っている。そこに魅力があるんですね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)