« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月10日 (日)

研ぎから始める食とからだの基礎講座第3回目

 母の日に、研ぎ講座でした。
何かの意味があるのかなぁ。なんて考えながら午前中は軽食に提供するパンを焼きました。

今日はTさんの会社の人3人の都合で日程を決めました。
軸になる方がいると、日程も決めやすく、流れることがないので私も嬉しいです。

最終的には5人の参加でした。
男性がひとりでした。

最初は、お話。そして、自分の包丁で試し切り。
1時間弱研ぎをします。

最初は本当に出来るかなぁ。と心配になるのですが、30分もすると、皆さんさまになって来るんですね。

刃物と向き合うのですから、緊張もするので疲れますよね。
40分くらいが、保てる時間かな。
でも、その頃には出来上がる人が多いです。

そして、研いだ包丁で、再び試し切り。
自分で研いだ包丁がこんなに切れる。と大喜びです。
感激。プロの様に切れる。とにこにこ顔で言われると、私も嬉しいです。

試し切り
 サウスポーの方が自分で研げるといいですよねぇ。

自分の包丁が自分で研げると、料理も楽しいと思うのです。

研いで緊張した後に料理をするまでの気力がない。
お話が聞けない。
などという声が有りましたので、前回より研ぎ時間は少なくして、料理の時間も止めました。

試し切りをした野菜で何かを食べられるようにと、今日はパンに一緒に食べてもらうことにしました。

キュウリ、キャベツ、タマネギを切って、私の焼いたカンパーニュー。
そして、デザートには杏仁豆腐。ミルクティーが今日の軽食でした。
軽食

研いで、交感神経をビンビンに使ったので、食べることで副交感神経が働いて、リラックス。
雑談的にからだの話をして、トータル3時間で講座は無事終了しました。

初めての方3人、3回目の方1人
研ぐことの楽しさを味わってもらえれば幸いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

パスタ教室

 こどもの日のパスタ教室ですが、子ども向け。と言うわけでは有りませんでして。

パスタ教室は出張講師は何度も有りますが、acha's Roomでの開催は初めてです。
円卓で膝立ちになってパスタを打つ姿は、なんか江戸時代ってこんな風に食事の支度をしていたのかしら。
なんて、会話も出て来ました。

acha's Roomは座卓なので、どんな風になるのかな、と思っていましたけど、これはこれで座っての料理もなかなか。

私自身はここではいつもこのスタイルですが…

今日のメニューは
ほうれん草のパスタ
レンズ豆の重ね煮スープ
サラダ
紅茶のゼリー

レンズ豆は皮むき。3回ほど洗ってざるに上げておく。
15分も煮ればOKなので使い易い豆
今日は重ね煮なので、0.5ミリくらいにほそーく切った昆布を鍋底に敷いて、エリンギ、タマネギ、ほうれん草の軸(パスタは葉だけを使いので残り)レンズ豆を入れてひたひたの水で煮る。
スープというのは、固形スープストックを使うもの。と決めがちですが、この昆布ときのこ類でいい味がでます。

膝立ちでパスタ いい感じに練り込めました。
パスタって、思いのほか簡単。食べて美味しい。のです。

パスタをフィトチーネにカットしてからは、テーブルの上をきれいにして、サラダなどをセッティング。

麺を茹でたら、あっという間に出来上がりです。


出来上がり

美味しい。私にも出来るんだね。
と、話も弾みました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »