« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

はまどまライブ vol.1 ~地域交流型ライブ~

「はまどま」が気まぐれ♪にお届けするティータイムライブイベント。

今回は日本全国いつも旅をしている横浜のシンガーソングライターのChojiさんをお迎えします!

おなじみのご近所から遠くの知らない街まで。
そんな旅の中から生まれてくる等身大の優しい歌。
まだ聴いた事がない人は是非、はまどまライブへ!
Chojiさんの歌を聴いて一緒に温かい気持ちになりませんか~

日付:2010年3月22日(祝・月)
場所:はまどま
  (横浜市南区宿町2-40 大和ビル119 よこはま里山研究所内)
時間:開場14:00/開演14:30/終演15:30
料金:1席¥1500(1ドリンク+お菓子付)
ライブ終了後にchojiさんと一緒にお茶を飲みながらお話ししましょう

お申し込みはコメントまたはメールで

※チケットは完全予約制になります。
※20席限定ライブです。
※その他、ミニ野菜市などの販売もあります♪

シンガーソングライターのchojiさんとは

地元横浜では、2006年に横浜市水道局の公式イメージソング、
2008年に横浜市150万本植樹行動応援ソングなどを作詞作曲

土地や人との触れ合いを通して描くテーマソングが、
各地でCMソング、地域応援ソングなどとして使用される。
心温まる楽曲と歌声が、幅広い世代の人たちに受け入れられ、
全国各地でたくさんの弾き語りライブを行っている。

公式ホームページ http://choji.jp/
YOU tube http://www.youtube.com/watch?v=0kH9BwmXqE0


「はまどま」とは?
よこはま里山研究所NORAの、里山に学び、里山を活かし、里山と暮らしをつなげる
「はまどま」という名前には、“土間”の意味も込められています。
土間は、農家の作業の場、生産の場、接客の場、団欒の場、そして内と外をつなぐ大事な空間。
「はまどま」は、横浜市南区の里山の入り口、人の和を築く場として様々なイベント・講座を行っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

大きく育ちました

 いつも地場野菜市で買ったのです

最初は普通のニンジンを手にしたのですが、別のコンテナにでかいニンジンばかりが入っていました。
育ちすぎ??
味は?

カリフラワーの育ちすぎは待っているけど、ニンジンはどうなんだろう。
でも、なんかだこの子を買いたくなったので、持ち替えました

このお鍋は5リットルの鍋で、直径は23センチ有ります。
直径とか計ればよかったなぁ。

こんなにでかいのは初めて見ました。

味は生で食べたら甘かった。
この前の切り干し大根では有りませんが、大根の糖度が6ならそれ以上かも

スープにして、炒めてと1本は食べきりました。
生がよかったかなぁ

大きかったけど、味は大味ではなかったです。


25センチ?

しかし、どうしたらこんなに育つのでしょう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン研究日

今までは事後報告しかしていませんでしたが、3年目に入りましたので、こちらでも告知をします。

3月9日(火)28日(日) 10時〜13時頃まで

パンの基本です
焼いたことの無い人も、自己流ではやっていたけど上手く行かない
なんて方いかがですか?

9日の研究テーマは、こね方
今までは、こねてこねてグルテン膜を作るの命…なんてオーバーですが、グルテン膜が出来なければいいパンは出来ない。と習って来ましたが、果たして本当な何だろうか。
と、ちょっとやって見たいと思います。

28日のテーマは、ドライイーストの違い
ドライイーストの種類、量でどうなる


だれも参加者が無くてもいつもの様に、一人でパンは焼きます。

参加費 3千円
ドリンク、パンのお土産付きです
申込み期限 3月7日(日)26日(金)
コメント、もしくはメールでご連絡下さい


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

竹の油抜き

 今日は月曜の切って来たお花器用竹の油抜きです。

煮る方法と焼く方法が有るそうです
今日は七輪で炭を起こして焼きました。

竹の油抜きt
しかし、竹って凄いです
直火にさらしても燃えないのです
びくりです


火にあぶると、油がにじんで来ます。それを布で拭く。と繰り返すと、竹の色が若草色の変わって行き、そして泡を吹くように水分が出て来ます。

家庭のガスコンロでやる場合は、常にコロコロ回しながら焦げないようにやって行きます。

全体が若草色になるまで焼きます

1本やるのに結構な時間がかかります
竹の作業をやるといつも思うのですが、手仕事って焦ってはいけないのですよね


そして、手作り竿も作る事になって

竹竿

これも結構時間がかかりそうです

これからも竹で何が出来るか考えて行きます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

孟宗竹は凄い

今日は暖かかった。
春の日差しでした。タンポポも日差しを浴びてなんだか楽しそうじゃないですか?
オオイヌノフグリでしたよね。この色が好きです

タンポポも オオイヌノフグリ

朝は曇っていたけど現地に着く頃には晴れて、気温も上がって来ました。
着込んできたけど、何枚も脱ぐようです

お昼を食べているときは、ピクニック気分でした。
こんなのどかな世界をみんなに分けたい。と本当に思うのです。

竹を切り出すのも、3人で10本なら、10人集まれば3本でいいわけで、余った時間でバーベキューやったり、里山で遊ぶのもいいなぁ。
なんて思いました。
日差しと戯れるだけでも楽しい。

晴れて来ました

2ヶ月ぶりの竹山です
私たち以外にも保全に来ている人たちもいるのですが、切っても切っても竹は減らないようです

続きを読む "孟宗竹は凄い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

つぶつぶクッキングカフェ

 食の研究日の初回です。
今日は、ゆきえちゃんのつぶつぶクッキングカフェです。

メイン


ゆっきーを改名してというか、もともとがゆきえなんですけどね
ことだまの鑑定をしてもらったら、「え」の母音のえが重要だと言われて、ゆきえとしたそうです。

そうなんです、かれこれ彼女と出会って6年ぐらいでしょうか。
初めのころは私も誘ってもらったのですが、なにしろ新宿まで行くのが面倒で…
そんな訳で、6年の間に彼女はすっかりつぶつぶ人間に生まれかわりまして、私としては心強いです。

10月のつぶつぶランチ、12月の大納会の時のつぶつぶ料理とacha's Roomでは大好評でした。
作り方を知りたい、知ってもらいたい。
と言うことで日程を設定しました、が、いつもの様にお互いの日程が合わないのですね。
それでも2名の方が参加して下さいました。
日曜の夕方からと言う難しい時間にご参加いただきありがとうございました。

これが「アワ!!」これが「ヒエ??」と思うのですが、ちょっと待って、どこかで見たような。
そうなんですね、アワヒエと言えば、小鳥の餌と思っている方いませんか?
確かにわが家のセキセイインコのはやて君も食べていました。
それが、驚くべきなんとも美味しく変身するのです。

大谷ゆみこ先生曰く、雑穀は地球のおっぱい。と言っています。
お乳には沢山のエネルギーが入っているのですが、それを地球からいただこう。とって事ですね。
しかし、無農薬の雑穀米は高いですね。
はやて君の餌の何倍です

さて、前置きが長くなりましたが、始めます

続きを読む "つぶつぶクッキングカフェ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

念願のロデブを作る

 今日は旧暦の新年。
夕方から中華街へ行こうかとも思っていたのだが…

acha's Roomはオープン日
しかし、どこへもコンタクトを取らなかったので、予約もなし。

ならばと、先月焼けなかったロデブを焼こうと、上村愛子選手のモーグルを見ながら、ボチボチと始めてみたのですが…

高橋雅子さんの、少しのイーストでゆっくり発酵パンの本を見たときから、作って見たかったのだが、時間が掛かるのは分かっているので、なかなか取りかかれなかった。

それと、いつもの作り方ではなく、基本のパンとを作って見ることにした。

まずはロデブ
強力粉 230G ライ麦20G インスタントドライイースト小さじ1/4 イーストの水小さじ1
水 200G 塩4G

砂糖は入れないのね。

まずは、粉と水を入れてゴムべらで粉気が無くなるまで混ぜる。ラップして15分置く
膨潤したイーストをいれ、ゴムべらで1分混ぜて、塩を入れて1分混ぜ得る。
弾力があるので結構大変。
1次発酵
発酵器を30度にしてラップをした生地を入れ、45分したら1回目のパンチ。
これがパンチどころか、カードで触るだけ、って感じ。
1時間半、1時間と3回のパンチ入れ。

イーストの餌がないのでどうなるのだろう。と思っていたが、本の通りにちゃんと発酵してくる。
最後の1時間で発酵終了。
トータルここまでで5時間35分

ガス抜き&ベンチタイム
ゆるゆるの生地なので、ボウルから出すのも大変
キャンバスに多めの粉をふって、手にもつけて、やっとこさっとこガス抜き。
20分ベンチ

2次発酵は、布取りで濡れ布巾をかけて30度で35分。布巾をとって10分

もしかしたら、ここでもう少し時間を取ってもよかったか。

ここまで時間通りでもよかったので、気を抜いてしまった。

強力粉をふって、クープを入れて、霧を吹いて、250度に予熱したオーブンに入れるのだが、スタートを押すまで3分待つ。
フランスパンと同じ焼き方かな。

250度で15分 そして200度で10分

しっかり、釜伸びもして、いい感じ
なんと7時間もかかりました。

モーグルはとっくに終わり、お日様も曇って、そしてすっかり暗くなってしまった。

初ロデブ

見た目はいい感じです。
大きさはもう少し行くかと思ってましたが…
ガス抜きも均一でなかった様ですが、艶があります。
いい出来だと自分では満足です。


そして、基本のパン
ロデブを1次発酵に入れてから取りかかる。

強力粉230G ライ麦20G
塩4G はちみつ10G イースト小さじ1/4 膨潤水小さじ1
水 150G(35度)

久しぶりに手ごねでやってみたが、いい感じ。
いつもは、失敗しないようにと教わった、粉を二つに分けてやるのだが、今日は本に忠実に

イーストを3分程膨潤してから、水以外をボールにいれてから、水を9割ほどいれてゴムへらでかき混ぜながら様子を見る。

なんだか粉がボツボツした感じ、ダマになったのではないかと心配になる。
まとまって来たら、ボードの上で5分ほどたたく。
いつもとは違う、ボツボツ感が有るがいいのかな。
生地温はいい感じ

1次発酵
30度で1時間45分
ガス抜き分割
ベンチタイム20分
2次発酵30度で40分
強力粉をふって、クープを入れて
210度で15分

こちらも4時間
いつもは1次発酵は野菜室でオーバーナイト。12時間から17時間くらいかけて発酵させます。

グルテン膜が出来るまでたたいたり、ダマが出来ないようにと工夫したり。
そんな感じで、習って来たけど、いろんな作り方があるのですね。

2時間で作ろうとするから、イーストも沢山いるし、温度の管理もしなければならない。
そして、イースト臭いパンが出来る。
それでも、その方法しか知らなかったときは、大満足でしたが…

出来上がったパンを食べたみたが、生地はモチモチとして、噛み応えがあって、イーストの匂いは殆ど無く、小麦粉の香りがする。
単なるプチパンなのに妙に美味しい。

時間をかけるだけの価値はあるか。

アマゾンの本レビューを見たが、パンの基本が無い人にはこの本を見ただけでは同じように作れないようだ。
パン作りと言うのは、生地と対話しながら作るような気がする。


長い待ち時間の間には、カレーを作り、ホームカバーも作りました。
しかし、こちらはまだ片方です。

今日の成果

久しぶりにゆっくり自分の時間を堪能した元旦でした。
今年はこんな風に時間が過ごせるといいなぁ

新月の願いもしたし。
いい日だった



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

ピザを焼きました

 今日はacha's Roomの2周年日。お陰様で今日を迎えました。
去年は発熱で1年と1ヶ月で食事会をしました。
今年は2年と2ヶ月か、などとも言われましたが…

何かのイベントをと思う気持ちと、なんかこの日は静かにかなぁ。
イベントをするまでの気力が先月の終わりには無かったのです。

しかし、世のかなと言うのは楽しいことです、先日来てくれてKさんが21日のつぶつぶカフェに行きたいのですが、時間的が何とも言えない。と連絡をいただき、acha's Roomには行きたいんです。

どうぞイベントの日ではなくご都合のいい日にどうぞ。と言うことで7日になりました。
やっぱり今日はオープンする日だったのですね。

と言うわけで、お昼をご一緒にと言うことで、久しぶりにピザを焼きました。
ご近所さんにも声をかけて
「久しぶりにピザ焼くよ」と


カメラを忘れました

今日のピザは、マヨミソソースも使わずに、タマネギ、エリンギ、しめじ、ブロッコリーの茎、蓮根を載せてみました。
他のバージョンは、ベーコンを載せたり、マヨネーズを使って見たり。

いやぁー旨いです。
野菜の味がしっかり分かって、実に旨かった。

習ったピザはトマトソースを使う訳で、あのスパイスがどうも気に入らなかった。
だって、ケチャップが嫌いですからね。

この前と言っても1年以上前ですが、あの時は「みそまよ」が美味しいと思ったけど、これからはソースなしのこのピザで行くよ。ってくらい美味しい
なんで、ピザ=ピザソースと思い込んでいたのかが不思議なくらい。

今度はチーズも使わず、もち粟でやって見たいほど。

生地は全粒粉を1割入れて、低温で長期醗酵
毎日寒いので寒い室内で一晩の発酵でいい感じです。

スープはキャベツのポタージュでした。
そして、紅麹のリスティックでした。

で、今日いらしたKさんは「パスタ教室ってどんな事をするのですか?」と質問されました。
確かにそうですね。
手打ちパスタなんですよ。まずは麺。そして、それになれてきたらソースも懲りますけど。
ソースも簡単だけとうまいです
と言うわけで、ご質問にはなるべく早くに答えたい私。
以下今日の事ではないけど、パスタ教室の説明です

続きを読む "ピザを焼きました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

はまふぅどコンシェルジュ

 私ははまふぅどコンシェルジュでもあるんですね。
横浜の産物の普及活動の任務が有るのに、あんまりしてないかなぁ。

acha's Roomに来てくださった方々には、
横浜って、都市型農業では日本の見本になるくらいなのよ
横浜って言うと、みなとみらい、中華街、と思い浮かべる人が多いけど、農地だって8%弱もあるのよ。

などとは話しています。

地元で取れた野菜は美味しいです。

さて、私は1期なのですが、今年はもう5期生だといいます。
年に一度、フォローアップ研修がありまして、全期の方が集まる交流会的研修があります。
去年は、舞岡公園でぬか味噌を作りました。
これも楽しかったです。

そして、今日はロイヤルパークホテルのレストランカフェ フローラです。
一応研修ですから
軽食と聞いていたけど、このセットだと、コースで出てくるのかしら。

ここでは横浜産の野菜を使っているのです。
横浜野菜が食べたければここ
と言われるようになりたいそうです
取り入れて4年が過ぎてやっと軌道に乗ってきたそうです
供給量が一定で無いことや、気候に左右されるので、ホテルで使う大量に対応できなかったり。
で、ホテルがメニューを決めてから、野菜をオーダーするのではなく、野菜を見てからメニューを決めるという、ホテル的には画期的な試みだったそうです。

総料理長の高橋シェフのデモンストレーションです

総料理長の高橋シェフの指先がきになって

まずは、天皇陛下もお召し上がりになったという、紫キャベツのスープです。
これを見ていて、私は電気のIHクッキングヒーターが欲しくなりました。
と、またまた変な所に着目する私です。

総料理長のコンソメをつまむ指もいいなぁ。と


フローラルの料理長もお出まし、上がっていたそうです

フローラルの料理長のお話もありました。

続きを読む "はまふぅどコンシェルジュ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »