« 丹波の黒豆 | トップページ | 5月5日の夕食 »

2004.05.04

5月4日の夕食

 一日一度しか食べないご飯だから、白米、白米に勝つ物はないよ。とある人にいわれました。確かに白米は美味しいかもしれない。でも、それは玄米を食べたことが無かったり、炊き方を間違った玄米を食べているんじゃないかと思う。

 噛めば噛むほど味が出てくるご飯は美味しい。その上に身体にもいいと有ればこんなにいい物は無いと思う。のに、昔に沢山の玄米を食べたからもういいよ。あの頃は白米があこがれだったよ。と言う。
 でも、私が炊いた玄米おにぎりを食べていた。それ玄米だよ。というとびっくり。いかに玄米は炊き方で味が変わるか。って事。

 身体にいいからって、白米と玄米を混ぜて炊いてもおいしさはマイナス。その人の好みもあるけど。それはお勧めはしない。白米は白米、玄米は玄米。

それにしても一日一回しかご飯を食べないのか。それも軽く一杯なんだろうな。昔は3杯は食べていたというのに。

040504.jpg

【主食】五分搗き米、黒米五穀米入り。
【みそ汁】小松菜、油揚げ

【おかず1】サラスパ
 〈材料〉キャベツ、タマネギ、レタス、キュウリ、ニンジン、ラディッシュ、ルッコラ、サラスパ、蒸し鶏
 〈調味料〉オリーブオイル、ハーブソルト、酢、塩、マヨネーズ

【おかず2】お新香、昆布の佃煮

 サラダスパゲティーのはずがどこにスパは有るのかって程の野菜のオンパレード。蒸し鶏をトッピングしたので、立派なおかずとなりました。

« 丹波の黒豆 | トップページ | 5月5日の夕食 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

わが家の粗食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月4日の夕食:

« 丹波の黒豆 | トップページ | 5月5日の夕食 »