« ホット豆腐 1月23日の夕食 | トップページ | おでん 1月24日の夕食 »

2005.01.23

犬猫の歯磨きだってぇ

 新聞を読んでいたら、「歯磨きのしつけ」が有ったので、読んでみたらなんとペットの歯磨きだった。驚いた。歯磨きをほめながら教えるのである。さすがに自分で歯ブラシを持ってする訳じゃない。
 最初はガーゼで歯茎などを刺激し、次第にブラシで磨くようにするという。ほんとかいな。犬や猫も歯磨きをされられるか。確かに、歯槽膿漏の犬の話は聞いたことがある。実家で飼っていた15歳の猫にも歯石がたまった。それらが、歯磨きをすることで解消するというのだ。なんだかなぁ。

 子供だったら将来は自分で歯を磨くことが出来るが、犬や猫は大きくなっても自分では出来ない。えさを食べた後、マイブラシを持って飼い主の前にお座りするようにしつけるのだろうか。

 そういえば、最近、散歩の途中で落とし物をしたあと、熱心に犬の黄門様をティッシュで拭いている光景を見る。犬なんて本来は用足しをした後でも黄門様はそうそう汚れないし、例え汚れても自分でペロペロする物だと思っていた。まぁ、確かに黄門様をペロペロした後に飼い主のほっぺをペロペロされたくは無いのだろう。

 人間も昔は歯磨きはそんなに熱心にしていなかった。しなくても虫歯にならない人もいたのです。粉食の場合と粒食の場合は、歯の汚れが違うのです。よく噛む物やご飯を食べた後と、パンなどの粉食と柔らかい物を食べたとの口の中、歯の汚れの残り方は全然違うのです。粉食、柔らかい物を食べたとは、ほとんどが歯について残っているのです。3時間後の口の中のばい菌量の違いは凄いです(給食のちから 風濤社 鈴木公子編より)堅い物を食べれば歯茎のマッサージにもなるのでしょうか。

 それを考えると、今の犬猫はペットフード。固形だったり缶詰だったり。やっぱり噛まない物が多い。いや、犬は元々そんなに噛んで食べる事はしない。でも、肉そのものを噛まないのと、加工された物を噛まないのとでは違うのだろう。犬自体が本来の習性を忘れた事も有る。

 お尻だって、食べ物を変えれば汚れなくて、拭かなくていいかもしれない。泥縄のように対処療法でなく根本的に考えたら、食べ物を変えれば犬も飼い主も大変な思いは減るんだろうな。歯磨きの躾より先にすることが有るんだ。

 人間も同じなんだろうなぁ。

« ホット豆腐 1月23日の夕食 | トップページ | おでん 1月24日の夕食 »

ニュース」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

生きること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬猫の歯磨きだってぇ:

« ホット豆腐 1月23日の夕食 | トップページ | おでん 1月24日の夕食 »