« リセット | トップページ | 手抜き五目白和え »

2005.10.17

カキご飯ときのことサツマイモ汁

 体重も体脂肪も落ちて、いい氣と元気をもらって来た。一週間ぐらいは、油とお砂糖は完全に抜いた食生活にするぞー。といつまで続くかなぁ。とりあえずは体重は何とか維持したい。といいながら、腹八分目が出来ないんだなぁ。

1016

【まごはやさしい】
【○○○○○◎○】
おっと、今日は満点だぁ。
と言うわけで、今日からはこんな感じで表して見ます。
おさらいで、まは豆、ごはごま、ははわかめ(海草)、やは野菜、さは魚(タンパク質)、しは椎茸(きのこ)、いは芋。

【主食】カキご飯
    七分搗き米、Sレディーのセット(もらい物)
【みそ汁】きのことサツマイモ汁
 〈材料〉昆布、椎茸、ヒラタケ、大根、ネギ、サツマイモ、油揚げ
 〈調味料〉酒、みりん、醤油、味噌
【おかず1】ほうれん草の胡麻和え
 〈材料〉ほうれん草、ごま(白、黒)
 〈調味料〉塩、めんつゆ、醤油
【おかず2】じゃこ納豆
 〈材料〉納豆、じゃこ
 〈調味料〉辛子、醤油

【作り方】炊き込みご飯の炊き方
 今日は3合のお米なので、いつもの土鍋では炊けないので、ステンレスの鍋で炊きました。いつもの鍋、いつもの量じゃないと不安なのです。蒸らしているときに、上手く炊けてますように、と手を合わせていると、そんなことで上手く炊けてるはずがない。と言われてしまった。が、結果は上々。

こんな風に炊きました。
 セットなので、ゴボウもニンジンもタレも付いていたので、カキご飯自体はカキを洗っただけ。他は無いもせず。
 ご飯は30分ほど浸してから、ざるに上げて10分。鍋にお米を入れて、タレと併せて分量の水。新米だったので少しだけ少なく。同量プラス20ccほど。この水加減が苦手な私。
 やや強火で火にかける。当然餅焼き網を使って、その上に鍋は置きました。
 いつもは2合なので10分弱で沸騰するが、今日は3合だし、具は冷凍されたままなので、15分近くかかってしまった。
 噴きこぼれない程度の強火にして沸騰がおさまるまでそのまま。湯気が出なくなったら、弱火にして15分。
最初は13分にセットして、鍋の音を聞きながら13分から1分1分と延ばして結局15分炊く。ジリジリって音がピシピシって音になったところで10秒強火。そして、火を消して15分の蒸らし。

 15分後に蓋を開けるのがドキドキ。いい塩梅に炊けたみたい。鍋底にはいい感じに色づいたご飯。おこげまでは行かないけど、香ばしい。大成功の炊き込みでした。
 
 ご飯の炊き方はいろいろやって見てのこと。子供の頃からご飯は炊飯器が炊く物、と思っていたので、本当のご飯の炊き方は知らない。
 有る意味、どんな炊き方をしても、お米はご飯に変身する。いかに美味しく変身するかが問題なんですね。
 こんな時は、炊飯用の土鍋が欲しくなる。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

« リセット | トップページ | 手抜き五目白和え »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旬の食べ物(秋)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カキご飯ときのことサツマイモ汁:

« リセット | トップページ | 手抜き五目白和え »