« セリの水栽培 | トップページ | 気候に左右される体調 »

2006.01.16

油分無しのカレー

 カレーが食べたくなった。横須賀ッ子はやっぱりカレーが好きなんだろうか。
 油なしのご飯になってからカレーは無理だな。と思っていた。でも、なまずさんに触発されて挑戦。
 帆立の水煮を奮発して入れてみたら、まずまずの出来。カレー粉が尖った味なので、1,2日寝かせた方がいい感じになると思う。おそば屋さんのカレーのようだ。コクがなかったり、タマネギの甘さが出なかったり。それは仕方ないかなぁ。カレーはある野菜で出来るのがいい。

1月16日のご飯
写真はクリックすると拡大します

《お昼》野菜納豆うどん
0116-3
 昨夜の煮物のおつゆが残っていたので、それを伸ばしてうどんの汁に。そしてしらす納豆も副えてみる。

《晩ご飯》帆立の貝柱カレー、薬膳スープ、レンコンとひじきの煮物

0116-4
【主食】三分搗き米、ごま塩掛け
【おかず1】帆立の貝柱カレー
 〈材料〉生姜、しめじ、大根、タマネギ、かぼちゃ、じゃがいも、ニンジン、ゴボウ、ニンニク、帆立貝柱の缶詰
 〈調味料〉出汁、塩、醤油、うこんの粉、カレー粉、小麦粉、塩、胡椒

0116-5作り方
1.野菜を重ねて入れてだし汁をヒタヒタに入れる。落としぶたをして沸騰したら弱火で10分ほど煮てから、火を消して放置。
2.その間にフライパンで小麦粉大さじ3をから煎り。サラサラしてきたら、うこん適量と、カレー粉を大さじ2(これはお好みの量で、小麦粉と同量まで)香ばしくなるまで煎る。今日は塩と胡椒も入れてみる。冷ましてから、適量の水で溶かす。(カレー全体の水分が600ccから800ccになるように)小麦粉が玉になっていても、しゃもじでかき混ぜていけば無くなる。
3.鍋の野菜がほぼ煮えているようなら、さっくりとかき混ぜて帆立を汁ごと入れる。野菜は煮えていなければ、2分ほど加熱して、また放置。
4.2を鍋にゆっくりかき混ぜながら入れる。とろみがつくまで焦げないように煮込む。
 うこんはお好みで。わが家には大量にあるので消化対策で使ってみました。

0116-6
【おかず2】薬膳スープ
 〈材料〉キクラゲ、金針菜、白菜、レンズ豆、ニンジン、ネギ、セリ
 〈調味料〉出汁、塩、醤油
 この食材なら薬膳と言ってもいいかなぁ。と名付けました。クコのみも使いたかったが、無くなっていた。
【おかず3】レンコンとひじきの煮物
 先日のを冷凍保存してあった。

【まごはやさしい】【あさ】
【○○○○○○○】【XX】
 帆立の水煮の缶詰にも砂糖が入っていた。保存料の変わりなんだろうか。やっと見つけたのは高かった。650円。牛肉の値段と変わらないかなぁ。でも充分なカレーで満足。辛さには強くないのでこれでも充分に辛かった。明日はもっと美味しくなっていることを期待。
 普通のカレーと比べたらきっとカロリーも低いんだろうな。

banner_02励ましのワンクリックお願いします

« セリの水栽培 | トップページ | 気候に左右される体調 »

achaのご飯日記」カテゴリの記事

砂糖と油抜き」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。とても食生活の勉強になるブログですね。油分なしのカレーレシピも参考にさせていただきます(*^_^*)体調不良から砂糖やマーガリンなどの油脂を避ける食事を心がけているので今後もぜひ参考にさせていただきたいです。

コメントありがとうございます。
砂糖と油抜きのご飯時代は辛くて、ここに書く事でモチベーションを上げてました。
砂糖は今も抜いてますが、油は摂ってます。糖分というのは中毒だったんだと言う事がよーくわかりました。
最近は更新をしてないので、申し訳ないです
また、よってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 油分無しのカレー:

« セリの水栽培 | トップページ | 気候に左右される体調 »