« うーさみ | トップページ | 豆乳、豆乳 »

2006.02.07

陶器の湯たんぽ

 今年は湯たんぽが流行なのだろうか。テレビや雑誌の通販でも売っているし、健康雑誌でも取り上げている。
今日の「はなまる」でもやっていた。冷え性の人のはもってこいだという。確かにそうです。私も5年ほど前から陶器の湯たんぽを愛用している。
 今日も寒かったので、お風呂に入る前に、腿で湯たんぽを抱えてみた。それで湯上がりが違う、と言うから。
確かに、夕方からの寒さで、手足が冷えていたのが、ももを温めただけで、全身が暖かい。
5年前はお風呂から上がって、こんなにのんびりしてはいられなかった。早く布団に入らないと、足が冷えて寝られなくなる。今は、湯たんぽという強い味方と、半身浴で湯冷めはほとんど無い。

 当時は湯たんぽを毎日使っているというと、白い目で見られてる様な気がしたけど、冷えるんだから、これでよく眠れるんだから。と使っていたが、5年後にこんなに流行るとは。
achaの健康法 からだ編.に湯たんぽの事が書いてあるのだが、そのころはまだ毒だし。と言う言葉もメジャーでは無かった。
 湯たんぽを入れて温まって来ると、足の指がなんかべたついて嫌な感じ。これって、汗なんだけど、一種の毒だし。ここで湯たんぽを蹴散らしたくなるときは、5本指の靴下をはいて寝ると、冷え性には極楽、極楽。

 子どもの頃は毎日お風呂は沸かさなかったので、お風呂の無い日は湯たんぽだった。それもブリキので。使い古しのバスタオルにぐるぐる包んで。初めて陶器の湯たんぽを使った日にはそのころを思い出した。懐かしい。

 その後はお風呂も毎日沸かすようになったし、使わなくなっていた。私は足は冷たいのに、電気物が嫌いだったので、電気あんかもほとんど使わなかった。

 毎日布団を干せる環境でもないし、冷たい布団ほど悲しい物は無い。布団乾燥機で暖めていたときも有ったが、湯たんぽにしてからは、これが一番。湯たんぽに羽毛布団で、極楽。人生の中で1/3は睡眠なんですよね。快適にしないと。
 ブリキやプラならば数百円で買える湯たんぽ。陶器はカバーが付いて3千円したかな。でも、5年も持っているし、快適だし、お金には換えられない。って、そんなに目をむくほど高くはないが。
 今は銅の湯たんぽが流行なのかな。いろんな形が有るらしい。

普通が一番だ。

|

« うーさみ | トップページ | 豆乳、豆乳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陶器の湯たんぽ:

« うーさみ | トップページ | 豆乳、豆乳 »