« ゴーヤとエノキのナムル | トップページ | 夏野菜の味噌炒め »

2006.09.06

ご飯が旨い

土鍋で炊いたご飯は旨い。最初は出来るかなぁ。面倒じゃないかなぁ。だったけど、そうでもなかった。

 確かに、タイマー炊飯が出来ないから、朝起きたらご飯が炊けてる、お風呂や散歩の間にご飯が炊けてる。って便利さは無いが、それ以上に美味しさに価値が有る。

試行錯誤の中で、この炊き方に落ち着きそうだ。先日も書いたように、強火で沸騰するまで、その後火を弱めて、5分ぐらい。噴き出すのが落ち着いて、鍋の底からちょっとだけ「チリチリ」って聞こえたら、10秒ほど強火にして、毛布に来るんで20分。

以前の炊き方は、ガステーブルが30分近くも占領されてしまうので、おかずを作り味噌汁を作る手順が困ったけど、今の炊き方なら、台所に立ったらすぐに炊飯ON。
その間に、材料を準備、洗う、切る。とやっている間に、15分ぐらいはたつので、土鍋はガスから降ろされている。これはいい。って感じ。

 強火で一気に沸騰をさせるのがいいようだ。以前の炊き方で、沸騰後10分くらい弱火でやったときに、どうしてもお焦げになってしまうので、ガスの弱い方で炊いていたが、いつまでも火にかけないなら、強火の方でやってみたらグー。カニの穴の数も深さも違う。
 金網はまだ取っていないが、今度はこれを使うのも止めてみようかな。

土鍋なら、毛布にくるまないでそのままでもいいらしい。それもやってみたが、やっぱり、くるんだ方が私好みの炊きあがり。

20分たって蓋を開けると、カニの穴はしっかり有るし、ご飯が元気に見える。なんか嬉しくなる。

鍋肌にしゃもじを入れて、鍋とご飯をはがすようして、真ん中に十字にしゃもじを入れて、鍋そこから返す。
ふきんを掛けて蓋をして、待つこと10分。

さっきまで、有った水分もすっかりご飯とふきんに吸い取られ、私好みのご飯が炊きあがる。

5分搗きのご飯なのに、おかずなんて無くても美味しい。ご飯のお供のおかずで充分。冷めても美味しいご飯。

私は軟らかいご飯はあまり好きでない。と思っていたが、それは軟らかいご飯ではなく、ベチョベチョしたご飯だ。

土鍋で炊くと充分に水分を含んだご飯が炊きあがる。軟らかくて歯ごたえがあって、何ともいいご飯だ。

そろそろ、炊飯土鍋が欲しくなってきた。

banner_02励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いですブログランキング・にほんブログ村へ

« ゴーヤとエノキのナムル | トップページ | 夏野菜の味噌炒め »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご飯が旨い:

« ゴーヤとエノキのナムル | トップページ | 夏野菜の味噌炒め »