« 食品衛生責任者養成講座 | トップページ | スンドゥブ・チゲ »

2008.02.22

パン研究日

 今日は、朝からパンを焼く。

大型パンを8個にリスッテックが20個ほど。
このリスッテックに凝っている。
フランスパンの原型だとも言うけど、奥が深い。

今日は包装までやって見た。

包装までやって カンパーニュー

 ちょっと形が美しくないなぁ。粉が多いね。
今度は、強力粉でやって見ようかなぁ。

私のパンは噛めば噛むほど味が出て、つぶしても元に戻る。

今日は、発酵型でどれだけ違いが出るかの実験。
カンパーニューは、籐の発酵カゴでなく、ざるに布巾を掛けてやってみた。
金ザルとプラザルでは、プラザルの方が、発酵の具合はよかった。
やっぱり、金属って何か違うのだろうか。

発酵器のおかげで、ほんとらくちんで楽しいパン作り。

それでも、これだけ焼くと3時過ぎまで掛かってしまう。


banner_02 ブログランキング・にほんブログ村へ励みになりますのでお読みいただいたら、バナーのワンクリックしていただけると幸いです

|

« 食品衛生責任者養成講座 | トップページ | スンドゥブ・チゲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食品衛生責任者養成講座 | トップページ | スンドゥブ・チゲ »